大切な方のご遺骨の粉末化「粉骨サービス」についてこれからの葬送について粉骨サービスでできることをご紹介しています。

093-592-9222

お申し込みはこちら

粉骨サービス「ご遺骨の粉末化」とは、

粉骨サービス「ご遺骨の粉末化」とは、

厚生労働省 法律の見解

粉骨サービスとは、
文字の通りご遺骨を細かく粉末化(2mm以下)するサービスです。
「ご遺骨を粉砕していいの?」と、日本では思われがちですが、海外では極く当たり前のことで、むしろ故人のご遺骨をそのままの姿で遺族に手渡す方が、「日本人は繊細さが無い」とか、「日本人はなんか変」とか思われているのではないでしょうか。
しかし、日本でもこの頃ご遺骨の粉骨サービスが定着し始め、散骨や自宅供養などが容易にできるようになりました。
また、最近では樹木葬や樹林墓地、永代供養墓など粉骨サービスをすることで、料金を安く設定するところがだんだん増えてきています。
(東京小平霊園/粉骨サービスすると4.1万円など)
ご遺骨の粉末化(粉骨サービス)は、自分で遺骨を粉末化することも出来ますが、精神的にも肉体的にもかなり苛酷なものとなり、大半の方は業者さんに粉骨サービスする事を依頼されているようです。

粉骨サービスの価格は以前は高かったようですが、今は2万円前後にほぼ定着しつつあります。
日本では宗教で言ういわゆるお骨拾いのため、火葬場の燃焼温度を低く設定して遺骨をそのままの状態でご遺族へ手渡すため、このような粉骨サービスという業種が生まれてきたと言われています。
昔は、散骨や自宅供養と言う葬送は全く想定外だったのでしょうね。
一方、海外ではほとんどの場合、ご遺骨を超高温で火葬する為、ご遺骨は粉末化した状態(粉骨サービスされた状態)でご遺族に手渡されます。
それゆえ、海外の葬送(お墓)は、だんだん散骨が主流となってきました。
これは国土がお墓だらけにならないようにと危惧した、政府の苦肉の政策(カトリック教では火葬は教義に反する)と言われています。
日本以外では、お墓という概念がない国がたくさんある、というのも何となく頷けますね。

近年、日本では葬儀がお金のかからない「直葬」や「家族葬」にシフトされる様になると、お墓も散骨や自宅供養・自然葬のようにお金のかからない葬送にだんだん見直されて来ているようです。
歴史を調べてみると、お墓のカタチや概念が、時代とともに変化していくのがよくわかります。


ご利用イメージ「A子さんの場合」 詳しくはこちら>
自分散骨(散骨の旅)は葬送の理想形
自分散骨(散骨の旅)は葬送の理想形

ご自分で散骨をする場合は、必ずご遺骨を粉末化(粉骨サービス)する必要があります。
これは、自分で遺骨をそのままの形でどこかに散骨した場合、犯罪や遺骨遺棄の事件性に問われかねないからです。

自分で散骨する場合、散骨の許可や行政への申請は必要ありません。
ただし、条例として散骨を規制している市区町村がありますので注意が必要です。
自分で散骨する場合は、遺骨の粉末化(粉骨サービス)をして、散骨のルールとマナーを守れば、日本のどこにでも自分で自由に散骨することができます。

海でする自分散骨は、沖合い2kmで撒くことが理想的ですが、どうしても沖合いに行けなくて海岸線で散骨する場合は、海水浴場や船の航路、漁業区域、民家のある所は避けるようにしてください。
海で自分散骨する場合のルールやマナー、遺骨の粉末化(粉骨サービス)は必ず守るようにしてください。

山でする自分散骨  山でする自分散骨(いわゆる弔い登山)は、たいていの場合、必ず誰かの土地ですのであまりお勧めできませんが、どうしても山で自分散骨する場合は、散骨地の聖地化(散骨地の名所になること)や、作物の風評被害、土地や農作物の値段の暴落を避けるため、絶対散骨地を他人に言わないようにしてください。
山(陸地)でする自分散骨は、他人に迷惑をかけないようにすることが大切です。

粉骨サービスと散骨のルールやマナーを守れば、自分でする散骨(散骨の旅)は、お金のかからない葬送の理想の形になると思われます。
大自然に向きあい、自分自身を振り返り、故人との思い出に浸る散骨の旅は、ほんとうに大切で有意義な時間となります。
自分散骨(散骨の旅)は、大地に故人を還すお金のかからない、理想的な葬送に今後なっていくのではないでしょうか。


自分散骨(散骨の旅) 詳しくはこちら>
粉骨サービスを基本とした当店の4つのコース
風あざみの4つのコース

・自分散骨/散骨の旅や自宅供養、自然葬への納骨を予定されている方には、
当店の Aコース(粉骨サービス)がお勧めです。

・散骨地が遠い方、なんらかの理由でご自分で散骨ができない方には、
Bコース(粉骨サービス+散骨代行)をご用意しています。

・自分で散骨される方や、散骨して少し手元供養(自宅供養)される方、また全部散骨することがちょっぴり不安な方には
Cコース(粉骨サービス+クリスタルのお墓)の手元供養コースがお勧めです。

・少し手元供養をして、残りの遺灰を散骨委託される方は、
Dコース(粉骨サービス+クリスタルのお墓+散骨代行)の手元供養と散骨代行コースをご用意しております。


粉骨・散骨料金一覧 詳しくはこちら>
納骨に最適な粉骨サービス
納骨の選択肢が広がる粉骨サービス

ご遺骨を粉末化(粉骨サービス)することによって、費用のあまりかからない納骨(お墓)の選択肢が、格段に広がっていきます。
自分でする散骨(個人散骨)や、業者さんに依頼する散骨(委託散骨)をはじめ、自宅での供養やご遺骨の自宅保管にも、ご遺骨の粉末化(粉骨サービス)は最適の方法だと思われます。
(散骨はご遺骨の粉末化は必須です)

また自宅で手元供養をされる場合や、当店の風あざみ(クリスタルのお墓)などの自宅供養墓、それに樹木葬や樹林墓地などの自然葬や、永代供養墓、また墓じまいなどのお墓のお引っ越しにも、粉骨サービス(ご遺骨の粉末化)は、お金のかからない納骨方法にかかせないものとなってきています。


納骨に最適な粉骨サービス 詳しくはこちら>
手元供養品と粉骨サービス
手元供養品と粉骨サービス

市販の多くの手元供養品は、自分でご遺骨を砕いて容器に入れる必要があります。
お身内のご遺骨を見るのも触るのも嫌と言う方には、素手でご遺骨を砕いて手元供養品に入れることはなかなか酷の様です。

また、市販の手元供養品の場合、容器に入らない残りの大部分のご遺骨はそのまま残ってしまいますので、納骨を全部済ませたということにはなりません。
(※手元供養品に入り切れない残りのご遺骨の納骨問題が後に残ってしまいます)

当店のCコース及びDコースは、手元供養品(自宅のお墓)と粉骨サービスを組み合わせたコースです。
ご遺骨に触れる事なく自宅供養(手元供養)ができるように、クリスタルのお墓にご遺灰を密封してお届け致しております。
また、残りの粉末化したご遺骨は殺菌処理を施し水溶性紙袋に入れて真空パックして手元供養桐箱に納めておりますので長期保管も安心して行えます。
なお、Dコースは手元供養品に入りきらないご遺骨をお客様に代わって当店で散骨代行(委託散骨)するコースとなっておりますのでご自身で散骨が難しい方はご検討ください。


クリスタルのお墓 詳しくはこちら>
自宅供養(手元供養)と粉骨サービス
自宅保管/自宅供養と粉骨サービス

葬儀後の納骨(お墓)を決めかねてご遺骨を自宅で保管する場合、お骨壷の大きさやお骨壷の存在感自体がとても気になります。
また、「早く納骨しないといけない」と言う精神的な圧迫感もあり、なかなか落ち着かないと言う話もよく聞きます。

お骨壷をご自宅で保管する場合や、自宅供養(手元供養)をされる場合は、ご遺骨の粉末化(粉骨サービス)を是非お勧めいたしております。
ご遺骨を粉骨サービスすることで、容器が大きな骨壷から小さな桐箱へ変わり、それだけでお骨壷の圧迫感や精神的負担から解放されます。

また、カビや臭いの心配も無くなり、容器も大きなお骨壷から小さくて綺麗な手元供養桐箱に変わるので、手を合わせる機会が自然と増えていきます。
(※お骨壷自体に抵抗があるという方はかなり多いようです)
中々納骨方法が決められない方や自宅供養(手元供養)や自宅保管をされる方、散骨される方には是非、ご遺骨を粉末化(粉骨サービス)して供養(保管)されることをお勧め致しております。


洗浄コースのご案内 詳しくはこちら>
粉骨サービスの工程
粉骨サービスの工程

当店の粉骨工程は、専用の粉砕機と乳鉢による手作業を併用して、ご遺骨を粉末化(粉骨サービス)しています。
他人のご遺骨と混ざらない様に特に注意して、機械や備品などを一回一回水洗い洗浄をする粉骨工程を組んでいます。
また、カビ等の繁殖を無くす為、粉骨サービス工程では完全乾燥・UV(紫外線)殺菌を最後に施しております。


粉骨サービスの工程 詳しくはこちら>
粉骨サービスは当店独自の包装(散骨・自宅保管兼用パッケージ)
散骨・自宅保管兼用パッケージ

当店の粉骨サービスのパッケージは水溶性袋で包装後、その上から真空パックで再包装し桐箱に納めていますので、散骨や自宅供養、自宅保管共に兼用ですることができます。

粉骨サービスの袋の小分けは5袋まで無料となっていますので、ご兄妹様等で散骨する場合は、当店の規定の欄よりお申し込みください。
(※粉骨サービスの申込書に小分けの記入欄があります)

当店のDコース(粉骨サービス+散骨代行+クリスタルのお墓)をご注文の場合、ご希望によりすべて散骨せずに一部をパッケージしてクリスタルのお墓と一緒にお届けすることも承っておりますので数量をご相談ください。
(※この場合は追加料金はございません。)


粉骨サービスのパッケージ 詳しくはこちら>
ご遺骨の粉末化「粉骨サービス」の費用や価格について
ご遺骨の粉末化「粉骨サービス」の費用や価格について

粉骨サービスの主たる目的は散骨と自宅供養で、散骨はご遺骨の粉末化が義務付けられています。
また、最近では樹木葬の樹林墓地や納骨堂、合同墓でも粉骨サービスすることで費用を安く設定する所も増えてきました。

粉骨サービス料金で気をつけないといけないのは追加料金で洗浄や乾燥が必要となる場合があるため料金が高額となる可能性がございます。

近年は散骨をされる方が増加してきており業者も全国に増えていますが粉末化「粉骨サービス」のみの料金は約1.5万円~4万円と業者や地域によってもまちまちです。

海洋散骨などは船をチャーターして散骨を行うため約20万~30万と家族葬を行うぐらいの費用が必要となってきます。

また、海洋散骨など葬送の儀式での粉骨サービスが料金に含まれている場合と別料金に設定している業者もあるため、確認が必要となります。

自分で散骨される場合は旅費や宿泊費も含まれておりませんのでトータル費用を考えた場合に散骨代行を選択しても良いかもしれません。

一番費用が抑えられる自宅供養(保管・安置)は粉骨サービス代金のみで可能です。
また、粉骨サービスはお骨壺のおまとめ(整理)が行えるので墓じまいなど、新しくお墓や納骨堂を借り換える費用よりもそのまま今のお墓で続ける事が出来るので負担をかけずにご供養できます。

上記の通りご遺骨の粉末化「粉骨サービス」はこれからの供養スタイルにとってメリットが多々ございますので是非、ご検討をお勧めいたしております。


お墓の歴史/パラダイムシフト 詳しくはこちら>

状況に合わせて選べるコースのご紹介

散骨の旅や
自宅供養に

Aコース
  • 粉骨サービス
  • 手元供養桐箱入り

Aコース
18,000円(税抜)

真っ青な九州の海で
散骨代行

Bコース
  • 粉骨サービス
  • 散骨代行

Bコース
28,000円(税抜)

自分で散骨して
少しお墓に

Cコース
  • 粉骨サービス
  • クリスタルのお墓
  • カラーを選択可

Cコース
40,000円(税抜)

散骨は委託して
少しお墓に

Dコース
  • 粉骨サービス
  • クリスタルのお墓
  • 散骨代行

Dコース
50,000円(税抜)

お申込み(購入・注文)方法

  • お申込みフォームより申込書と*必要書類を送信して下さい。
    (*必要書類は写真に撮って添付して下さい)
    お申し込みはこちら
  • 当店からお骨壺配送キットをお客様へ郵送します。
  • 配送キットにお骨壺と*必要書類を入れてご返送下さい(当店着払い)。
*必要書類とはご遺骨の火葬埋葬許可証等、申込み者の保険証又は免許証等。
*配送キットは無料ですが送料(着払い)はお客様負担となります。
  • お電話より住所・コース・お骨壷のサイズをお知らせください。
    お電話でのお申込み 093-592-9222
  • 当店から配送キットに申込書を同封してお客様へ郵送します。
  • 配送キットにお骨壺と*必要書類を入れてご返送下さい(当店着払い)。
*必要書類とは申込書・火葬埋葬許可証等のコピー・申込み者の保険証又は免許証等のコピーの3点
*配送キットは無料ですが送料(着払い)はお客様負担となります。

【 何から何まで入っているお骨壺配送キット 】

 ・お申込書兼同意書(電話注文の場合)
 ・段ボール箱
 ・ガムテープ
 ・プチプチ緩衝材及びハイタッチ緩衝材
 ・防水ビニール袋
 ・返送用伝票(当店で必要事項を記入済み)
 ・梱包マニュアル
 ※骨壷配送キットは無料ですがキットの送料(着払い)はお客様負担となります。

お申し込みは、お電話またはフォームより受け付けております。

093-592-9222

お申込みはこちら

資料請求やお問い合わせも、お気軽にご利用ください

資料請求/お問い合わせはこちら
ページトップ