散骨のことについて様々な事を詳しく説明しています。散骨の費用・方法やルール・マナー・法律など散骨にまつわる事をご紹介しております。

093-592-9222

お申し込みはこちら

散骨のことについて

散骨のことについて

散骨全般の詳細説明

散骨(さんこつ)とは、

一般的には、故人のご遺体を火葬した後に収骨した焼骨を2mm以下の粉末状(粉骨)にして、海、川、山中等でそのまま撒く葬送方法を言います。
昔から「人は死して自然に戻る」と言われています。そうしたことから散骨は世界中でも行われていたといえます。 真っ青な九州の海で散骨
最近では人が亡くなった後のご遺骨の供養はお墓に入らないといけないと言うのが常識化しておりましたが現在では、その供養の形も大変様変わりしてきています。
近年、少子高齢化の為に核家族化が進み価値観の多様化など、お金をかけてお墓を作ったところで子どもや親戚がおらず墓参りをする人がいない、あるいは経済的にもお墓を作ることは困難などといった、さまざまな理由や社会的変化から従来の常識化していたお墓への納骨供養よりも自然回帰の散骨を選ぶ方が増えてきて、とても人気が高まりつつあります。

散骨の法律的見解とルールやマナー

〇散骨は今のところ明確な法律はありません。
国が散骨を容認・推奨しているとも言い切れませんが散骨は違法ではないという風にとらえることができます。
ただし、法律で定められていないからといって、どこにでもご遺骨を散骨しても良いという訳ではありません。
また、ご遺骨は火葬場から持ち帰ったそのままの状態では散骨することはできません(遺体遺棄罪に接触します)ので必ずご遺骨を粉末化(粉骨)してください。
〇散骨のルールとマナー
「節度を守って」とは、散骨をする場所付近の住民の感情を十分考慮しなくてはなりません。
また、漁場(養殖場)や漁船など海上交通の要所を避けることも必須となってきます。
更に、陸地の場合他人の土地には決して散骨はしてはならず、環境保全にも十分に配慮する必要があります。
風評被害や環境汚染にならないよう細心の注意を払い、他人に迷惑のかからない場所をきちんと選択してから大切な方の散骨をすることが絶対不可欠となります。


散骨に関する法律/条例 詳しくはこちら>
散骨のできる場所とできない場所

散骨で一番注意しないといけない「散骨場所」について

散骨が行われている場所の一例(難易度が高い順)

川・河川・湖
基本的に不可
山や陸地
(庭など)
公共施設
(公園や名所は不可)
海岸線
砂浜
(海水浴場や
観光地は不可)
海洋(沖合)

※一般的に散骨の難易度が高い順となっています。
〇山の奥地であってもトラブルの原因となる恐れがあります。
〇条例や指針で散骨を規制している市町村がありますので注意が必要です。
〇陸地での散骨は、所有者や管理者に必ず許可を取らないといけません。
〇住宅が近い場所などでは近隣住民の反対や土地の価値が下がる・風評被害で農作物が売れないなど、周囲などに配慮と注意をしないといけません。

※※ 散骨の注意事項 ※※
  • 祭祀承継者の確認をして親族に了承を取っておきます。(親族間で揉めないため)
  • 散骨の際は必ずご遺骨を粉末化(粉骨)しないといけません。(遺体遺棄罪に接触します)
  • 散骨を実施する時間帯にも配慮が必要です。(風評被害対策のため)
  • 散骨の遺灰は「埋める」ことはできません。(法律「墓埋法」に接触します)
  • 散骨する場合はネットなどに載せず、なるべく他人に言わないようにしてください。(風評被害対策のため)
  • 喪服ではなく、黒っぽい色の普段着で行いましょう。(風評被害対策のため)
散骨する場合は必ず粉骨サービス

散骨に必要なご遺骨の粉末化(粉骨サービス)について

お骨壺預かり

不純物除去
ご遺骨の
粉末化
ふるいに
かけてさらに
乳鉢にて
手作業
粉末化
水溶性紙袋
真空パック
5袋まで
(小分け可能)
手元供養桐箱

〇ご遺骨の粉末化は火葬後の焼骨のみの受付となっております。
〇水溶性紙袋を真空パックしておりますので散骨や自宅供養ともに対応したパッケージです。
※散骨の旅などで複数個、ご希望の方には5袋まで無料で小分けにいたしております。


粉骨サービスの工程 詳しくはこちら>
粉骨サービスで広がる選択肢

粉末化(粉骨サービス)のメリット

散骨以外にもご遺骨の粉末化(粉骨)をされますと様々な選択ができるようになります。
葬儀後の納骨問題(お墓)などでお困りの方には特にお勧めとなっております。

  • 01 ご自分、または当店で散骨をされる方ご自分、または当店で散骨をされる方
  • 02 自宅供養(手元供養)をされる方自宅供養(手元供養)をされる方
  • 03 お墓や納骨堂が満杯で困っている方お墓や納骨堂が満杯で困っている方
  • 04 仰々しい骨壺に抵抗がある方、骨壷が嫌いな方仰々しい骨壺に抵抗がある方、骨壷が嫌いな方
~~ 散骨代行サービスについて ~~
厚生労働省 法律の見解

散骨代行サービスとは、当店で遺骨を粉末化(粉骨サービス)したのちに、遺灰を散骨代行(委託散骨)するサービスです。

遺灰の投下地点は、真っ青な海が眩しい九州の関門海峡や玄界灘(福岡県、北九州市)沖となっています。
ここから海流に乗って世界を巡る旅が始まります。
足腰の悪い方、散骨地が遠くて散骨に行けない方、また手元供養品や当店のクリスタル「風あざみ」に入り切れないご遺骨の散骨にも、当店の粉骨サービス・散骨代行はたいへん重宝されております。

なお、船の出航につきましては約20名様分、若しくは約3~4ヶ月を目処に散骨海域に出航しております(真冬の出航はありません)。
散骨代行の結果は、散骨報告書「潮風ダイアリー」を希望者に発行しておりますので、係りまでお尋ねください。

散骨代行サービス 詳しくはこちら>
~~ 世界で広がる散骨 ~~
厚生労働省 法律の見解

今、日本をはじめ世界の葬送では散骨が急速に増えています。
なぜ、世界でそんなに散骨が増えているのか・・・

この章では、世界各国の散骨を少し探ってみました。
世界で散骨が増えているのは、葬送の費用がかからないと言うことと、カトリックを教義とする国(火葬を認めていない国)でも国土がお墓だらけにならない様に、教義に反する火葬を仕方なく認める国が、だんだん増えて来ているからだと思われます。

世界で散骨、散骨代行業が増えているのは、こうした世界の火葬率に起因していると思われます。

日本では、お骨拾いのために敢えて燃焼温度を低く設定し、遺骨の形が残るようにしていますが、これに対して欧米ではその様な風習が無い為、超高温で火葬を行い粉末化して、散骨が容易にできるようにしています。
(いわゆる粉骨サービスされた状態で喪主に手渡す)

火葬が増えてきた欧米諸国において、当然のように増えてきた散骨ですが、日本と同様に国としての法律が付いて行かず、州や自治体での条例、また喪主のルールやマナーに散骨を任せているのが現状です。

世界で広がる散骨 詳しくはこちら>
~~ 散骨に関する法律/条例 ~~

散骨と言う葬送を日本の行政は認めているのか?
この章では散骨に関する国の法律や、市区町村の条例、散骨に関する禁止事項(ルールやマナー)などを列記しています。

1991年にNPO法人「葬送の自由をすすめる会」が発足し、初めての散骨が神奈川沖で行われましたが、その際に散骨は「刑法190条に定める遺体(遺骨)遺棄」や「墓地埋葬法4条、墓地以外への遺骨埋蔵」禁止違反に当たるかどうかが法律上の問題となりました。

当時の法務省刑事局はこれを受けて「葬送を目的とし節度をもって散骨を行う限り、遺体遺棄には当たらない」と言う意味の見解を述べ、又、当時の厚生省も「墓地埋葬法」は散骨を規制するものではないと言う意味の見解を述べたといわれています。

ただ、この文書は公開、保存されてない為、散骨を認めたと言うより散骨を否定しなかったという意味あいの方が強くそれ故、散骨は未だにグレーゾーンとなっています。

散骨に関する法律/条例 詳しくはこちら>
風あざみのご利用イメージ

ここ覚えてる?
出会った頃、二人で釣りをした海
また来ようねって約束したけど
散骨で来るなんて。

粉骨サービス

状況に合わせて選べるコースのご紹介

散骨の旅や
自宅供養に

Aコース
  • 粉骨サービス
  • 手元供養桐箱入り

Aコース
18,000円(税抜)

真っ青な九州の海で
散骨代行

Bコース
  • 粉骨サービス
  • 散骨代行

Bコース
28,000円(税抜)

自分で散骨して
少しお墓に

Cコース
  • 粉骨サービス
  • クリスタルのお墓
  • カラーを選択可

Cコース
40,000円(税抜)

散骨は委託して
少しお墓に

Dコース
  • 粉骨サービス
  • クリスタルのお墓
  • 散骨代行

Dコース
50,000円(税抜)

お申込み(購入・注文)方法

  • お申込みフォームより申込書と*必要書類を送信して下さい。
    (*必要書類は写真に撮って添付して下さい)
    お申し込みはこちら
  • 当店からお骨壺配送キットをお客様へ郵送します。
  • 配送キットにお骨壺と*必要書類を入れてご返送下さい(当店着払い)。
*必要書類とはご遺骨の火葬埋葬許可証等、申込み者の保険証又は免許証等。
*配送キットは無料ですが送料(着払い)はお客様負担となります。
  • お電話より住所・コース・お骨壷のサイズをお知らせください。
    お電話でのお申込み 093-592-9222
  • 当店から配送キットに申込書を同封してお客様へ郵送します。
  • 配送キットにお骨壺と*必要書類を入れてご返送下さい(当店着払い)。
*必要書類とは申込書・火葬埋葬許可証等のコピー・申込み者の保険証又は免許証等のコピーの3点
*配送キットは無料ですが送料(着払い)はお客様負担となります。

【 何から何まで入っているお骨壺配送キット 】

 ・お申込書兼同意書(電話注文の場合)
 ・段ボール箱
 ・ガムテープ
 ・プチプチ緩衝材及びハイタッチ緩衝材
 ・防水ビニール袋
 ・返送用伝票(当店で必要事項を記入済み)
 ・梱包マニュアル
 ※骨壷配送キットは無料ですがキットの送料(着払い)はお客様負担となります。

お申し込みは、お電話またはフォームより受け付けております。

093-592-9222

お申込みはこちら

資料請求やお問い合わせも、お気軽にご利用ください

資料請求/お問い合わせはこちら
ページトップ