個人(自分自身)で散骨をする場合の方法や費用は?自宅供養のお墓「風あざみ」から散骨のこと(散骨代行)についてよくある質問をご紹介。


よくある質問
散骨に関するよくある質問

調べたいキーワードで検索

カテゴリから選ぶ

個人(自分自身)で散骨をする場合の方法や費用は?

個人(自分自身)で散骨をする場合の方法や費用は?
個人で散骨する場合、費用が安く済む分いくつかのルールや方法があります。
以下、ルールやマナーについていくつかあげてみました。
1.個人で散骨する場合、遺骨の粉末化は散骨の必須条件となります。
2.海水浴場や漁業区域、船の航路では個人で散骨できません。
3.個人で散骨する場合、散骨場所を他人に言わないでください。
4.個人での散骨は人に迷惑をかけない様に散骨してください。
5.行政への許可、届け出、申請等は個人散骨の場合必要ありません。
6.個人で散骨する場合の費用は、粉骨サービス費用と旅費程度です。

次に、個人で散骨する時の費用の目安は
1.遺骨の粉末化に掛かる費用が約1.5万円〜3万円
2.あとは散骨地までの費用程度です。

散骨を業者さんに委託した場合の費用の目安は
1.チャーター散骨費用 15万円〜30万円
2.合同散骨費用 5万円〜10万円
3.散骨代行費用 2万円〜5万円
散骨代行は費用が安く済み、急速に増えていることが頷けます。

また、最近の散骨の特徴としては遺骨の一部を取っておき、手元供養品や自宅のお墓などに残される方が増えていることが挙げられます。
なお個人で散骨する場合、公的手続きや許可、届け出等は必要ありません。
それは散骨を規定する法律が無く、管轄する中央省庁がないからです。
従って公的機関への許可、申請、費用等は発生しません。
ご遺骨の粉末化は個人ですることも可能ですが、粉骨される方の精神的負担が大きく、費用が掛かっても業者さんに粉骨サービスを依頼される方が多い様です。
一覧に戻る

おすすめの関連記事

こんな記事も読まれています

お申込み(購入・注文)方法

  • お申込みフォームより申込書と*必要書類を送信して下さい。
    (*必要書類は写真に撮って添付して下さい)
    お申し込みはこちら
  • 当店からお骨壺配送キットをお客様へ郵送します。
  • 配送キットにお骨壺と*必要書類を入れてご返送下さい(当店着払い)。
*必要書類とはご遺骨の火葬埋葬許可証等、申込み者の保険証又は免許証等。
*配送キットは無料ですが送料(着払い)はお客様負担となります。
  • お電話より住所・コース・お骨壷のサイズをお知らせください。
    お電話でのお申込み 093-592-9222
  • 当店から配送キットに申込書を同封してお客様へ郵送します。
  • 配送キットにお骨壺と*必要書類を入れてご返送下さい(当店着払い)。
*必要書類とは申込書・火葬埋葬許可証等のコピー・申込み者の保険証又は免許証等のコピーの3点
*配送キットは無料ですが送料(着払い)はお客様負担となります。

【 何から何まで入っているお骨壺配送キット 】

 ・お申込書兼同意書(電話注文の場合)
 ・段ボール箱
 ・ガムテープ
 ・プチプチ緩衝材及びハイタッチ緩衝材
 ・防水ビニール袋
 ・返送用伝票(当店で必要事項を記入済み)
 ・梱包マニュアル
 ※骨壷配送キットは無料ですがキットの送料(着払い)はお客様負担となります。

お申し込みは、お電話またはフォームより受け付けております。

093-592-9222

お申込みはこちら

お問い合わせや資料請求も、お気軽にご利用ください
お電話での無料相談も承っております

お問い合わせ/資料請求はこちら

無料相談はこちら!

LINE@ FACEBOOK メールでのお問い合わせ 電話の方はこちら
ページトップ